Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

DevConコマンドを使うとWindowsのデバイスマネジャで表示されるデバイスを有効または無効にできます。

DevConのインストール

WDK、WinDbg、関連ツールのダウンロードの『2. WDK 10 をインストール』からWDK 10をダウンロード&インストールしてください。

ハードウェアIDの取得

対象デバイスのハードウェアIDを調べるためにデバイスマネージャを開き調べます。RealSenseの場合だと ROOT\REALSENSEVD になります。

hardwareId

デバイスを無効

devcon disable hardwareID で対象デバイスを無効にできます。

deviceManagerOff

デバイスを有効

devcon enable hardwareID で対象デバイスを有効にできます。

deviceManagerOn

DevConは他にもデバイスのインストール、アンインストールなどができるのでいろいろ試してみてください。できることは『デバイス コンソール (DevCon.exe) コマンド』を参照してください。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0