Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

UnityデスクトップアプリでwebViewできるライブラリ探していたけどなかなかいいのがない。そんな中1アプリで$95ながらも『uWebKit』がかなり使える。

基本的にUnityで有料のアセットは買わないと試せないのだが、これは無料でも試すことができる。ただし無料で試す場合はアクティベート画面が表示される。

サンプルとして入っているのは『webブラウザ』『web GUI』『webテクスチャ』『シーン』『Javascript』『Facebook』『Alphaマスク』の7個

webブラウザ

webブラウザ

webGUI

webGUI

webテクスチャ

webテクスチャ

シーン

シーン

Javascript

Javascript

Facebook

Facebook

alphaマスク

alphaマスク

 

uWebKitのダウンロード&インポート

ダウンロードページからunitypackageをダウンロードし、インポートしてください。
uwebkit_dl

サンプルシーンの表示

Assets/uWebKitExamples/Scenesに各サンプルシーンがあるのでExample1WebBrowserを開けてみましょう。すると下のようにブラウザが表示されます。(無料で使っている場合はアクティベート画面が表示されます。)uWebKit

カスタマイズ

Hierarchyの「WebBrowser」を選択してみるとWebBrowserExample.csとWebBrowser.csがAdd Componentされているのがわかると思います。このファイルを元に外観や位置などカスタマイズできるのでいろいろ試してみてください。
uwebkit_scene

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0