Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

GearVRのアプリ開発で参考になったサイトをご紹介します。

タップについて

gearVR

当然ながら直接画面にさわることができないのでタップなどTouchイベントも通常のAndroidアプリと扱いが違います。以下コードを追加することでTouchイベントが読み取れるようになります。

https://gist.github.com/divide-by-zero/c0980b9dc87b0ec39a41

ただし、このコードを試した感じどうもタップやフリックの反応が悪かったためカスタマイズが必要になるかと思います。

デバッグ方法

Buildした後に毎回GearVRを被るのも面倒だったりします。こちらのGearVRに端末を刺さずにデバッグする方法の設定をするとGearVRに接続しなくてもアプリの確認ができます。

「全て」->「Gear VR Servie」->「ストレージ管理」->「開発者モード」をONにする

この「開発者モード」をONにする方法を補足しておきます。初期状態ではデベロッパーの項目は表示されていないのですが、 VR Service Version several を数回タップするとデベロッパー項目が増え「開発者モード」が表示されます。

開発者モード

まとめサイト

2016.0912追記

Unity+Gear VR開発メモ

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0