Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0Pin on Pinterest0

Unityでサーバのphpにデータを送りたいと思ったときは普通に WWWForm を使えばいいんですが、UnityからXcode用にBuild後にXcodeで出力を見ていると

という警告文が出力される。『httpからSSL通信に変えてくんでSSLに変えてね!よろしく(・ω<)』みたいな内容だったので調べてみたらApp Transport Security(ATS)という機能が追加されたらしい( ゚д゚)ハッ!

Unityの初期Build設定だとすべてのhttp通信を許可するに設定されていて通信はできるんだけど、Appleの推奨ではないみたいなので今後の事を考えて使用しているsakuraのサーバにSSLを導入してみました。

mizutanikirinドメインを変えるといろいろ都合が悪いのでここを参考に初期ドメインのみ共有SSLに変更。(公式でも初期ドメインのみを推奨しているみたいです。)

UnityでphpのURLをhttpsに変更し、Build Settingの『Allow downloads over HTTP』のチェックを外してBuildした後は特に警告文は出ずに無事解決です。

ATS

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook1Share on Google+0Pin on Pinterest0