Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

Debug.Logをコード内に残しているとアプリが重くなります。特に Update() に書いているとかなり重くなることがあります。

デバッグ時は必要だったりするのでコードはそのまましたい!なんて思いますが、実はビルドしたアプリだけ Debug.Log を無視してくれる便利なビルド方法があります。

BuildSettings→PlayerSettings→UsePlayerSettingのUsePlayerLog のチェックを外すと Debug.Log を無視してくれます。

Unityに限らずprint文がコードに残っているとアプリが重くなりがちだったり情報が駄々漏れになったりする可能性があります。

個人的によくやっているのが以下のようにprint用の関数を作っておく方法で、このPrint関数をコード内で使っていてもPrint関数内の Debu.Log をコメントアウトすればすべてのprint文は表示されなくなります。

参考 http://machinemaker.hatenablog.com/entry/2014/07/13/140158

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0