Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

Application.CaptureScreenshot() はシンプルでいいんですが、スクリーンキャプチャ画像が欲しいときは Application.CaptureScreenshot() では細かいところに手が届かないため基本的にその他の手段を使ったキャプチャコードを書くことになり急に難易度が上がります。

今回2つのキャプチャタイプの関数を紹介します。

1. カメラに映っているオブジェクトをキャプチャする

Cameraの Viewport Rect を変更した場合こちらのコードそのままではうまくいかなかったためところどころ書き直して別スクリプトから呼び出せるように変更しました。

2. カメラに映っている一部分を切り抜いてキャプチャする

Rectで指定した範囲をキャプチャしてくれます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0