Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0

Xcodeを最新にしたりすると昔のOSバージョンをBase SDKに指定することができなくなったりします。しかしSDKをダウンロードできたらそのバージョンでのビルドができるようになります。その方法をMacOSX10.6.sdkを例に解説していきます。

SDKをダウンロードする

GitにOSX10.1.5〜10.9までSDKがアップされていますので丸々ダウンロードします。

※すべてのバージョンがアップされているためダウンロードに少々時間がかかってしまいます。

XcodeにSDKをコピーする

ダウンロードしたSDKを展開して /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/MacOSX.platform/Developer/SDKs に入れます。

copySDK

※Xcode.appは実行ファイルですが右クリックで「パッケージの内容を表示」を選択するとappの中身を見ることができます。

openApp

Xcodeを再起動

Xcodeを再起動すると下のようにOSX10.6が選択できるようになります。

addSDK

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0